Home ギャンブル市場 日本の賭博市場の立ち上がり

日本の賭博市場の立ち上がり

by Gary Moore

ここ日本のオンラインカジノ市場は見込みのある未開発の広大な市場と言われています。市場により算出された全体の歳入をみると世界的に最も大きな市場の1つですが、日本の賭博産業はまだ初期段階にあります。ご存知のとおり、日本では、オンライン賭博は全面的に禁止されていますが、いくつかのゲームは国により合法と許可されています。

日本のオンライン賭博シーン

 日本ではインターネット賭博は普段から徹底的に禁止されているものの1つです。カジノゲーム、ポーカー、ビンゴ、そしてルーレットなど、これらをインターネット上で賭博することは違法です。

 これまでに、日本政府は社会的に容認された種類のオンライン上での賭博を一握りほど許可しました。オンラインカジノゲームとは、富くじへの参加だけでなく、競馬、オートレース、競艇、そして競輪が含まれます。

 これらは公共事業機関によって運営されている賭けの形態で、競争市場を発展させるような民間企業は存在しません。

 そのうえ、容認されているのはオンライン上の許可された形態の賭けのみです。これらはすでに地上にも設立されているため、オンラインでの賭けは独立した産業というよりは利便性を求めての利用とみなされています。

合法化-はるか先の話

 日本の賭博市場の現在の状況を考慮すると、オンラインでの賭けが合法化されるまでに非論理的に長い時間がかかっています。これは、地上の賭博設備の問題点の1つでもあります。

 日本では賭けはいかなる形態も違法です。しかし特定のソーシャルスポーツや富くじは別とします。

 地上設備の発展にオンラインでの賭けが後を続く形をとる展開は、日本にはありません。

 最近になって、政府がついに地上設立の賭博場予定地を許可するか否かの検討を始めました。それは指定された施設に規制されます。楽観的な計画がある一方、まだ全くの初期段階にあります。

 日本におけるオンライン賭博はあまり遠くない未来でも違法のままでしょう。さらに、若年層の伝統的な賭博形態への関心が薄れてきていて、そのことで市場の発展がさらに引き伸ばされるかもしれません。

日本のオンライン賭け産業がどのような軌跡をたどるのかはなかなか見当がつきません。

Related Posts