Home ギャンブルのレビュー 日本の賭博市場がいかに有名になったか

日本の賭博市場がいかに有名になったか

by Gary Moore

パチンコ店が依然として満員なように、日本には賭博の伝統があることは想像に易いでしょう。しかし、ご存知のとおり、日本では賭博が違法であるため、1991年からの10年間で、910億円でピークを迎え、その後日本の賭博産業は前代未聞の落ち込みを記録しました。 

日本の賭博業界は何をしてきたか 

私たち日本人のお金は何の賭けに使われたのかという疑問があります。日本において、ほとんどの賭博が違法とみなされていますよね。では、プレイヤーはどうやっているのでしょうか。

プレイヤーは、国営の富くじや、競艇、そして競馬で賭博に参加することを許されています。日本でのレースへの賭けは1992年にピークを迎えましたが、その後落ち込みました。

1997年にはナリタ・ブライアン(武豊騎手の乗る5頭目の三冠馬)のおかげで中央馬繁殖所は名声を上げましたが、この人気は短いものでした。他方で、富くじ産業は、常に大きな見込みがあります。 

パチンコの賭博支配

ここ日本のパチンコ店はゲーム産業を支配しています。実に、パチンコは日本単体でも世界で最も大きなゲーム産業の1つなのをご存知ですか?現金に換えられる金の引換券はパチンコ店内ではプレイヤーに進呈されません。最近まで、日本国民のほとんどにとってパチンコは1番人気のあるエンターテインメントでした。煙草の煙が充満するパチンコパーラーで何千人もの人が一日の終わりにその日の疲れを取りに訪れていました。しかしながら、パチンコ業界の景気は下降し、また、パチンコ店の客は店内で喫煙することができなくなりました。

パチンコが「パ-チン-コ」と発音されるのは興味深いことです。あまりに人気なので、パチンコプレイヤーはすでにオンラインでもアクセスしています。ゲームの目的は、玉が最後どこへ行くか見届けることです。プレイレベルは何段階もあり、プレイヤーはアドレナリンの出るゲームがほかにもっとないかさらに探すのです。

部屋には人々がお金を払うユニットがあり、機械でスチール製の玉が取り扱われます。持ち玉がすべてなくなるか、スチール製の玉がトロフィーに代わると、通常ゲームは終了します。パチンコ店内での景品は大きければスクーターや機械、あるいは自転車等がありますが、ライターのような小さなものであることがほとんどです。

ここ日本には1万3000以上のパチンコ店があり、このゲーム産業は高い収益を算出しているのです。店内はとても騒がしく、機械は1フロアにぎゅうぎゅう詰めでぴったりとくっついています。